🌈パルキッズ 4人の子供たちのおうち英語記録 まいにちエイGO!

⭐️英検準1級目指す中学生〜現在パルキッズメインで取り組み中の幼児まで年齢差のある兄弟のおうち英語の今や過去の様子、家庭教材の取り組みなどをお伝えしていきます⭐️

新型コロナ陽性💦

先週、子供が濃厚接触者になったと連絡があり検査を受けたところ陽性が判明しました。その後、同居家族も濃厚接触者になるため検査しましたが今のところ他の家族は全員陰性です。

家族全員、濃厚接触者の疑いがあるとの連絡を受けてから自宅待機しています。

地域では、小学校も中学校も学級閉鎖が出て保育園も休園し始めた時期でした。

濃厚接触者の可能性があると連絡を受けてから、接触の可能性のある色々なところに連絡をして大忙し💦ブログどころではなく、また今回コロナに感染したことを書くか迷いましたが、今は感染力の強いオミクロン株の流行でいつどこで感染してもおかしくないので体験談として書いてみようと思います。

 

時系列

火曜:先週木曜日に濃厚接触者になった可能性があるため検査を受けるようメールがあった(保健所からの指示だが保健所からの連絡はまだない)。まだ陽性だと判定が出たわけではないが、接触の可能性のある先に検査を受けることになったことを電話やメールで連絡する。

 

水曜:家族全員自宅待機。近くのクリニックで検査予約。学級閉鎖が複数あり、そのクラスの児童は全員スクリーニング検査の対象だったこともあってか、予約していても車内で45分待ち。車の中で抗原検査を受ける。ここから自宅療養生活が始まる。

 

木曜:昼頃クリニックから陽性連絡あり。急いで学校を始め接触の可能性があるところに陽性だったことを連絡。同居家族の検査をクリニックで予約。この日も車内で1時間待ってPCR検査を受けた。その日の深夜にクリニックから全員陰性の連絡あり。

 

金曜:保健所から初めて電話連絡が入る。行動歴や検査受診日、ワクチン接種日など細かくヒアリングされ、今後の隔離機関の説明も受けた。

 

土曜:陰性だった家族から鼻水や少し咳の症状が出たため、再度クリニックで検査予約。今回は待ち時間20分くらい。NEAR法で検査。数時間後に陰性との連絡あり。

 

このような流れでした。

陽性だったのは子供だったこともあって無症状。濃厚接触者の連絡がなければ気が付かない状況でした。ですが、陽性だと判明したため主人も私も出勤不可。他の兄弟も学校など行けなくなってしまいました💦

 

隔離期間

今回、一番問題になったのが隔離期間です。

家族で陽性者が出て、同居の濃厚接触者が陰性・無症状の場合、陽性者の隔離期間が終わった翌日からさらに10日自宅待機なんです。

テレワークができる主人はまだ良いですが、時給で働く私は欠勤=無給、陰性の他の子は登校できません。

陽性であれば検査翌日から10日経過すればOKになるので、同居家族は陽性になった方が隔離期間は短くなります。

同居家族からさらに感染を拡大させることはなかったことは嬉しいですが、長期休みで勉強から遅れを取ったり買い物にも行けない(ネットスーパー利用しました)期間が20日以上になる現状は、辛いし厳しいです。

子どもが感染して家の中で隔離するのは難しいことから当然濃厚接触者になっているのに陰性。不謹慎ですが、陽性であって欲しかったと思ってしまう今の隔離期間に疑問を感じます。

 

素人考えですが、体内ウイルスはピークを境に徐々に減るはずで陽性者の隔離期間最終日に他者へ感染させる確率は相当低くなっているはず。でも可能性がゼロではないから陰性・無症状の同居家族はさらに10日というのは、なんだか納得できません。

オミクロン株症例の潜伏期間の中央値は2.9日とも聞きます。陽性者の隔離期間が終了して3日後に陰性の同居家族も検査を行い、毎日検査になってでも陰性なら外出可能にしてほしい。

オミクロン株だからと甘く見てはいけないと言われていますし、他の人にうつしてはいけないと思っていますが、実際に自分が20日以上の隔離生活と言われてしまうと、ウイルスの変化に柔軟に対応しないことに憤りを感じてしまいます。

 

最後は不満をぶちまける形になってしまいましたが、家族で陽性が出ると本当に大変です。みなさん、お気をつけてお過ごしくださいね。